風水的、運気や集中力が上がる机の場所と向き。

 

勉強・仕事の効率がアップする風水ってあるのを知っていますか?

皆さんとても気になる事だと思います。

勉強部屋の場所は基本吉方位に有ってほしいのですよね。

誕生年別運気や集中力が上がる机の向きと場所が有るのでご紹介します。

家の玄関の向きやご自身・お子さんの生まれ年によって吉方位が違います。

生まれ年からくる方位で運気と集中力を上げて成績UP

まずは本命卦を出しましょう

本命卦一覧表

 

 

ご自身もしくはお子さんの本命卦が確認出来たところで各本命卦の天医の方位を調べます。天医の方位を調べましょう

 

天医とは癒しの方位と言われていて、

この方位に向かって寝ると良いと言われています。

 

天医の方向は

離命  東南

艮命  北西

兌命  西南

乾命  東北

坤命  西

巽命  南

震命  北

坎命  東

 

文昌方位を調べる

伝統風水には文昌方位というのがあります。

文昌神という中国では文章をつかさどる神とされ,俗に奎星(けいせい)と称されます。

学問の神である文昌帝君と兼祀されることも多く、とくに科挙の受験生に信奉されたそうです。

その神のお名前をお借りした方位。文章方位を風水では使います。

書斎や創造活動に関する仕事部屋にこの方位を使うと、文章、学問、芸術、研究、創作などに良い閃きが生まれ、意欲的に取り組めるようになると言われています。

 

文昌方位

西暦の生まれ年末尾

1 北

2 東北東

3 東

4 南南東

5 南

6 西南西

7 西

8 西南西

9 西

0 北北西

注 2月4日前後の立春前の生まれの方は前年生まれとなります。

文章方位と天医方位の合わせ技

文昌の方位に机を置いて天医方位に向かって座る。

 

これが伝統風水において勉強・仕事の効率アップ。運気や集中力が上がる部屋の机の位置と向きとなります。

まとめ

成績が上がる勉強部屋は仕事部屋でも同じです。

集中できる環境を部屋の中に作る事です。

勉強効率、仕事効率を伝統風水を使ってUPさせましょう。

皆さんも是非試してみて下さいね。

更に勉強や仕事の効率を上げるには、家全体を調整をしたうえで、今日ご紹介した風水を使って頂くと更に効果が出ます。

華月ゆりの総合鑑定へお申し込み頂くと、更に深い内容と貴方にカスタマイズされた情報をお伝え致します。

総合鑑定のお申し込みはこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です