風水って何種類かあるって知ってた?

身近な言葉になりつつある風水

実は風水って呼ばれてるもの

3種類あるって知ってますか?

羅盤 指さし

風水とは何なのかを軽く説明いたします。

風水(ふうすい)とは、古代中国の思想で、

都市、住居、建物、墓などの位置の

吉凶禍福を決定するために用いられてきた、

気の流れを物の位置で制御する思想。

Wikipediaより

 

 

では3種類の風水を紹介します。

 

 

1つ目は中国の伝統的考え方を元に

成り立っている風水。

各先生によって流れが有るが

大体は巒頭・理気(八宅・玄空飛星

玄空六法・玄空大卦)・水法・砂法等を

組み合わせて使われている。

 

筠松が唐の時代に無極子に伝えて、

「地理弁正解」ってのを…三元派は…

言いだしたら止まらないのでこの辺で。

 

 

私は

中国伝統風水の

風水占い師です。

 

 

2つ目は1924年に創始した日本生まれの

気学をベースに日本の家相と合わさって

アレンジされたもの。

ニューエイジ風水と呼ばれている。

日本の風水師の8割位はこちら。

有名なあのDr○○さんもこちら。

 

 

3つ目は1970年以降西洋で出来て

近年カナダ人の方が体系化した

コンテポラリー風水と呼ばれるもの。

西洋風水とかって言われたりする。

 

 

 

皆さん風水と言うと

西に黄色と返ってきますが

それは2つ目のニューエイジです。

私も最初は誤解していました。

 

近年、風水という名称で行なわれている

占いの多くは、風水そのものではなく、

家相術や九星気学などのアレンジに過ぎない。

Wikipediaより

 

どうせ勉強するなら、本来の風水を

学びたいと考えて勉強を始めました。

 

 

私は他の二つの風水を

否定はしていませんし

どれを選ぶかは好み

だと思っています。

 

 

先日ある風水◯◯学という肩書を

名乗っている方と知り合いになり

お話をしていたら

自分が2番目の風水だという事を

ご存じなくて大変驚きました。

 

せめて風水と名の付く肩書の方は

自分がどの風水なのか

知ってて頂きたかった!

 

 

皆さんが知っている風水思っていた風水と

違う可能性が有ります。

調べてみると良いかもしれません。

 

 

☆簡単に見分ける方法は…☆

 

「主な使用占術は何派ですか?」と聞くと

1番目以外は ??? という顔をされます。

1番目の伝統的な風水の風水師さんなら

三合派、三元派などと答えます。

 

2番目と3番目の違いは

「家の方位関係有りますか?」です。

 

有ると答えたら2番目のニューエイジです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です