自分の中にも自分っていう顧客がいる

皆さん、家族の満足って考えた事ありますか?

 

なんでこんな事を言い出したか。

 

今日電車の中でこんな広告を目にしました。

「突然ですが社員を大切にしてください。

そうすればもっと会社の業績伸びますよ。」って本です。

言ってることは…外部顧客( External Customer)に目を向けてないで

内部顧客( Internal Customer)に目を向けましょう。

そうすれば、従業員のモチベーションが上がって会社の業績も上がりますよ。って話です。

 

内部顧客ってのは、従業員。

もっと言えば、外部の顧客に接している従業員。

企業で言うと、営業とか販売とか…エンドユーザーに一番近い部署

外部顧客ってのは、企業のクライアントの事。

 

この内容。顧客満足( customer satisfaction, CS)では

20年以上前から言われていた事。

 

なるほど。本のタイトルをこう変えれば新しい事言ってる様に聞こえるわ。。

分かり易い事例で言うと、オリエンタルランドの従業員の満足度が高い。

それは利益もだけど内部顧客の満足に力を入れているから。

従業員が自社へのロイヤリティ(忠誠心)が高いって

こういうところから来ているのも有るよね。

 

これ、経営コンサルタントとして私の得意分野です。

マーケティングが得意です。何かあればご相談下さい。

 

さてさて、コンサルタントとしてのお話はこの辺で。

 

 

本題にもどします。

これって…内部顧客の話。

身近な人を幸せにできなくて第3者は幸せに出来ないって私的には思っている。

だから、よく男性が家庭を顧みず外に意識を向ける人いるけど、

その前に内部(妻)だろうって。

仕事のできる(外部顧客を満足させてる)男は、

妻も満足させているよ!

それってね、闇雲に甘やかすのではなく、充実した気持ちの満足。

その人の得手不得手を考えながら。

大事にされている。耳を傾けてくれている。って

感じてくれているかどうか。

妻だけじゃなくて、子供もね。

 

 

 

それから更に踏み込んで…もう一つ。

 

内部顧客って自分の身の回りの人の話だけでは無い。

自分の中にいる自分も内部の顧客ですよ。

だから、自分の満足を考えましょう。

何も自分にご褒美を与えて、CHNELのバッグ購入しましょうって話じゃない。

 

最初に企業の内部顧客(従業員)もそうだけど、

インセンティブだけが評価では無いってこと。

 

要はね、意見を押えつけるんじゃなくって、認め吸い上げて反映させきちんと評価する。

 

自分の中の顧客に置き換えると…

 

自分の意見を押さえつけるんじゃなくって、

認め吸い上げて反映させてきちんと評価する。

 

大切なことなのでもう一度言います!

 

自分の意見を押さえつけるんじゃなくって、

認め吸い上げて反映させてきちんと評価する。

 

 

自分の中にも自分という顧客がいる事を忘れないで!

 

 

 

現在予定してるイベント
4月15日 石川県珠洲市
5月25日・17日 東京自由が丘

 

 

 

今日も一日エレガントにお過ごしください

華月ゆり

 

華月ゆり伝統風水開運術セルフマガジンのご請求

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です