犬を飼う人の6人に1人で救われる命。保護犬って知っていますか?

保護犬って知っていますか?

捨てられてしまったり、逃げてしまった理由から飼い主がおらず、動物愛護センターなどに一時的に保護されている犬のこと。

日本では毎年10万頭が保護されそのうち8万頭は殺処分されるそうです。

 

うちのムックのお話

2015年8月。

ロン。シーズー ♂15歳。天国へ旅経ちました。

私が主人と再婚する時に連れてきた子です。

 

主人としばらく二人で居ようねって言っていたのです。

ロンが居たころから主人には、次に飼う子は保護犬を飼いたいと伝えていました。

なぜかというと…私軽井沢に何年か住んでいたんです。

別荘地って、犬連れて遊びに来てそのまま捨てて行ってしまう人結構いるんです。

信じられない事なんですけどね。

北佐久郡の保健所には夏の終わりになると、ものすごい数の犬が保護されます。

コンビニの入口で、ゴールデンの親子だと思われる2匹がお腹を空かせてウロウロするする姿とかも見ちゃっていたんです。

ロンの主治医だった獣医師の先生は、救える命は救いたいと飼い主さんが見つかりそうな子に手を差し伸べる活動をなさっていました。

でも、私もロン一匹でそれ以上飼うことが無理だったので、次に飼う子は保護犬からってずっと思っていたんです。

その事を主人に話したところ、彼も賛同してくれていました。

 

現在我家にいるムックは、保護犬のブログで見つけてから、しばらく様子をみていたんです。

飼い主がすぐに見つからない様だったら…この子をって。

すぐに見つかる気配がなく見守り続ける事8か月。

華月家に来てもらうことにしました。

 

すぐに我家に馴染んだムック

トライアル初日。

保護犬活動家さんがムックを置いて帰った30分後には、ソファーで座って本を読む私の横にペタッとくっついて、寛ぎ始めた。

仕事から主人が戻ると、しっかりクンクンしてご挨拶。

2~3日後には、お散歩していても、もう何年も一緒に居るぐらい馴染んで。

 

彼は即うちの子になりました。

 

 

彼の保護された経緯

彼は2月。栃木の日光の住宅街で彷徨っているところを保護されました。

草臥れたモップの様な状態です。

頭には人間が付けるヘアクリップがついていたそうです。

日光ですよ。それも2月。

寒い中彷徨っていたなんて。

捨てた人は死んでもいいって思っているってことです。

迷い犬なら、保護センターである一定の期間保護されている訳ですから、探そうと思えばすぐに探せます。

 

人間と同じ命なのに。

どういう気持ちで捨てるのか私には理解できません。

 

とはいえご縁あって我家に来ました。

彼の残りの人生を幸せにしてあげたい。

それが私達夫婦の願いです。

ただ、住宅事情もあり、我家ではムック1匹が限界です。

 

毎日日課にしている愛犬のお散歩に駒沢公園へ行くのですがかなりの数のお散歩中のワンちゃんに会います。

 

うちのムックもクンクンしながらご挨拶。

image

だいたい、年齢聞かれるんですよね。

 

「うちは保護犬なので不明ですが、そんなに若くはないと思います」とお話します。

 

私の住むエリアの方って、保護犬に対する意識が高い方が多いらしく

「うちの子も保護犬なんです~」と返ってくる事結構な頻度なんです。

先日もお散歩中に元保護犬と飼い主さんにお会いして少しお話をしました。

その子はボーダーコリーで繁殖施設からの保護だった様です。

ゲージの中だけで生活をしていたのでまっすぐ歩けなかったそうです。

とても穏やかなワンちゃんで犬も人も大好きで。

幸せそうでした。

とても嬉しいです。

助かった命がここにも有った事。

意識を向けてくださっている方が増えてきている事が。

 

お願いがあります

全国の犬を飼う方の6人に1人がペットショップからではなく

保護犬を飼って下されば殺処分は0になるそうです。

新しい家族を向かい入れる方法がペットショップやブリーダーさんだけではない。

次は保護犬を飼うという選択肢がある事是非知ってください!

 

宇都宮で保護犬活動されているクミーゴさんのブログ

うちのムックはクミーゴさんのところから来ました。

かさこ塾で活動されている保護犬活動家岩田さんのブログ

 

犬を飼う。初心者の方は無理があるかもしれません。

でも、既に犬を飼ったことあるかた。

保護犬を飼うという事を選択肢に入れてみて下さい。

 

おねがいします。

 

 

そう言えば・・・ワンちゃんを飼っていらっしゃるクライアントから。

うちの子何を考えてるのかどう思ってるのか占って下さいっていう依頼が以前がありました。

 

そんなのも鑑定も受け付けてます(笑)

 

華月ゆりの総合鑑定の詳細とお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です