幸せは自己犠牲の上に成り立つものではない!

複雑な環境に生まれ育ち、

どうやったら時間が早く過ぎてくれるかが、
私のテーマでした。

自身をかなり雑にも扱ってもきました。

自信に価値なんて無いと思っていた事もあります。

40近くになり、後半の人生をどう生きたいかを考える
出来事がありました。

穏やかな暮らしを望んでも良いという事を知ったのも

この時でした。

もう幸せに生きていいと自分に許可を出す。

自分が幸せじゃないのに相手を幸せには出来ない。

相手の事ばかり考えてきた。

特に支え犠牲になる事で相手を幸せに出来るって。

驕ってたなって。

私達夫婦は何でも全部半分こして食べる。

これは普段から。

美味しいものの共有。

ここには自己犠牲が無い。

コレ美味しかったね〜って2人で幸せを感じる。

昔の私なら、自分が食べたい気持ちより
相手に食べさせてあげようが先にだっただろう。

犠牲の上に成り立つてた。

今思えば、くだらない…
幸せはしてあげるのではなく、
一緒になるもの。

それに気づかせてくれた今の主人に感謝。

でもね、こういう話をすると

必ず今まで起きた事に感謝しろっていう輩がいる。

 

無理に過去に感謝する必要はない。

私は、脱感謝教と普段言っている。

 

無理に感謝・感謝って…

なんでも感謝すればいいってもんでもない。

感謝ってね、自分から自然発生するものなの。

 

だから過去に自分が犠牲になっていた事に

感謝なんてしなくていいいからね!

 

華月ゆり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です