子供の頃から好きなもの

子供の頃の手にして楽しかったものって何ですか?

私、ちょっと変わった子だったみたいです。

 

お人形とか買い与えられてないんですよ。

一応欲しかったんですけどね。

買ってくれないの解っていたので

おねだりしませんでした。

 

じゃあ、子供の頃なにして遊んでいたのか。

記憶をたどってみると…結構変な子供だったみたいです。

 

今の職業を考えると、その頃から兆しが有ったのでしょうか…

 

 

大好きだったもの

1 地図

2 高島暦

3 マイソク

 

 

1 地図

地図の読める女です。

クルクル地図を回しません。

地図を与えられると、しばらく静かにしています。

地図本はボロボロになるまで愛します。

人並み外れた方向感覚を持っています。

海外でも観光マップはすぐに頭に入るので

バッキンガム宮殿の門の前に立たされても、

宿泊先のホテルの方角を言い当てます。

一度ハンドルを握って走った道路は殆ど覚えています。

グーグルマップストリートビューも大好き。

一時はカーナビ不要論を唱えていた変わり者です。

抜け道マップ…今ではコンビニ書店どこにも置いていません。

業務用の市街地図もお気に入りでした。

 

 

2 高島暦

家業の一つが不動産建築関係だったからか

お正月には新年度の高島暦がありました。

子供の頃から意味が殆どわからないのに

見ているのが大好きでした。

特に正月は炬燵に入りながら

新年度版読んでいる変な子でした(笑)

 

 

3 マイソク

よく不動産屋さんの壁に貼ってある紙

皆さん一度は目にしたことが有るのではないでしょうか。

昔はアットホームという会社から定期的にそのエリアの物件情報が紙の束で届くんです。

子供の頃マイソクの裏紙を画用紙代わりに

父の会社の片隅で外壁の線をなぞって、新しい間取りを考えては、

作業中の設計師さんの所へ持って行って構ってもらっていました。

建蔽率と容積率 手数料「分かれ」の意味を知っている子供でした。

 

 

3月から始まる「不動産賃貸業入門講座」のテキスト作りをしていたんです。

詳しくは先日のブログ

オンラインママ大学にて不動産賃貸業入門講座始まります! で!

 

ふと、建蔽率とか容積率って言葉を知ったのっていつ頃だろう???

って考えたんですよね。

 

記憶に無いんですよ。

 

え?じゃあ、子供の頃好きだったものって何?

って考えたら上の3つが出てきたんです。

 

どれも今の仕事に無くてはならないモノ。

今でも大好き。不思議ですね。

 

今日も一日エレガントにお過ごしください。

華月ゆり

 

 

 

 

line@

『伝統風水師の華月ゆりが、LINE@始めたってよ!』
サイキックな伝統風水師だからこそ伝えられる、独自の風水ミニコラムや気まぐれでに開催されるLINE@限定イベントやお茶会などの情報を不定期で配信する予定でいます。

お問合せの多い総合鑑定やイベント情報もそちらで一足早く情報を公開したりします。
今までFacebookでやっていて即満席になるサイキックカードリーディングイベントを不定期でLINE@限定で開催する予定です。
https://line.me/R/ti/p/%40qzu5818b

お楽しみに♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です