「天地人」伝統風水師は家しか見無い訳じゃない。

風水師って家や建物しか鑑定しないと
思われてる事が多いんです

 

 

 

実は違います。

 

風水鑑定は建物の立地環境の他に建築年月日も必要とします。

 

これは人間の運勢を占うのに生年月日が必要な様に
建物の生年月日も必要なんです。

 

後、住んでいる人全員の生年月日
会社や店舗なら経営者の生年月日も。

 

なので運勢を見る占術の四柱推命も必要とします。

 

風水では四柱推命を四柱八字や八字風水と言います。

 

奇門遁甲は風水処方箋を作った上でいつ処方したら良いかを見るの使用します。

奇門遁甲とはかの諸葛孔明が戦に使っていた術。

 

赤壁の戦いでは奇門遁甲を使っていたと言われてます。

それから断易。風水の処方が正しいか、問題が解決出来るのかをする為に使用します。

 

風水は色々な占術とリンクしています。

 

奇門遁甲はつかわず易を代わりに使用する先生もいらっしゃいます。

 

中国生まれの占星術はリンクしてるんですね〜

 

ここまでお話すると気づかれた方いらっしゃるかもしれません。

 

「天」=When いつ  奇門遁甲
「人」=Who 誰に  四柱推命
「地」=Where どこに置く 風水

「天・人・地」です。

 

それに加えて、私はこの3つを射より強くするために
空間調整を含めた浄化を使用しています。

家土地丸っと浄化はこちらから

中国伝統系の風水師は
複数の占術を使える方が多いです。

 

私も複数の占術を使います。

 

機会があれば他の占術も紹介して行きたいと思います。

 

詳しい伝統風水についてはこちらから

 

毎日をエレガントにお過ごし下さい
華月ゆり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です